2018年06月22日

さぎょうりょうほうしの知架羅2018

みなさん、こんにちは!

ジメッとしたりカラッと晴れたり落ち着かない天気ですが・・・
体調崩されたりしていませんか?


本日はお知らせです!

来る7月14日に毎年恒例となった作業療法学科主催の講演会『さぎょうりょうほうしの知架羅2018』を開催いたします!

知架羅2018ポスター.jpg


今年で6回目の開催となります。

今回のテーマは「人ととうまく付き合うコツを知ろう!〜これからの人生を自分らしく生きるために〜」と題し講演していただきます。

講演していただく講師陣も毎回豪華!

今回は
 ・作業療法を牽引されている京都大学名誉教授 作業療法士 山根 寛先生

 ・発達障がい領域でご活躍されラジオにも出演されている大村共立病院 精神科医 宮田 雄吾先生

 ・発達障がいのこどもさんの子育てを経験された立場から現在発達支援に尽力されている柿本 文香様

この3名の先生方をお招きします。ご多忙の中調整していただき実現する講演会です。

3名の共演はもちろん“初”です!!

すごく興味深く楽しみな内容となるのは間違いないはずです!!!

医療・福祉に関わられている方、
子どもさんの教育に関われている方、
子育てされている保護者の方、
これから子育てされる予定の方、
etc.

『さぎょうりょうほうしの知架羅2018』はまだ募集しています。
今からでも十分間に合いますので少しでも興味のあられる方は是非参加してみてください。


『人との付き合い方』は生涯のテーマと言ってもいいのではないでしょうか?
『自分らしく生きる』こともものすごく大切なことではないでしょうか?

すべてがここから始まります。


作業療法士はこの2つを尊重して関わる職種です。
作業療法士は感動を与え、幸せを届けられる仕事です。



(作業療法学科:田中)


posted by 長リハ at 11:01| Comment(0) | 作業療法学科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。