2017年09月23日

本日オキャンパス開催しています!

本日秋晴れの中、長崎リハビリテーション学院の

オープンキャンパスを開催いたします!!

当日参加もOKです!ぜひお越しください!!


交通費一部支給

JR大村駅からのタクシー代全額支払い

コーヒーブレイクではケーキ・ドリンクをお選びいただけます!


9月オープンキャンパスチラシ1.jpg

在校生や先生とゆっくり話してみませんか?

お待ちしています!!

(文章:広報部)


続きを読む
posted by 長リハ at 08:52| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月14日

作業療法学科の革細工教室!

9月13日、作業療法学科で革細工教室を行いました。

長崎県東彼杵郡にある「革細工ショップSOLE」のオーナー中島さんが

「革細工技術を作業療法学科の学生さんに役立ててほしい」と

無償で教えてくださいました!!

DSC_0281.JPG


学院では、作業療法に役立つ革細工をこれまでも授業で

やってきましたが、さすがプロの技術はすごい!!

細部までのこだわりや丁寧さ、技術の高さに

学生の皆さんも引き込まれて、真剣そのもの!!

DSC_0286.JPGDSC_0283.JPGDSC_0279.JPGDSC_0280.JPG



今回は1年生から3年生まで希望者のみの参加でしたが、

集まった学生さんは全学年で交流できて、いい機会になりました

実は3年生は直前まで実習だったので、初めての交流となりましたね!

作品作りと共に、交流できたことにも大きな意義がありました

DSC_0290.JPG
sole2.jpg
SOLE.jpg

今回は革細工を通じて、作品を作る技術ももちろん、中島さんのお人柄にも

とても刺激を受けた学生の皆さんでした!!

出来上がった作品はこんな感じ!プロ顔負け???

素敵です

DSC_0289.JPGDSC_0287.JPG


SOLE 中島さん、ありがとうございました!!

(写真: 作業療法学科 中村先生  文章 広報部)

posted by 長リハ at 14:00| Comment(0) | 作業療法学科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月05日

長崎リハビリテーション学院公式LINE@できました!

長崎リハビリテーション学院公式LINE@ができました!!

ぜひお友達登録おねがいします

このLINEアカウント、実は2つありまして・・・

LINEとLINE@があります。

LINEは、通常皆さんが使っていらっしゃるトークやタイムラインが主な

アカウント。もうひとつは、ビジネスで使う公式アカウントというもので

色々な情報が公開できるアカウント・・・です。

クーポン発行したり、お知らせ情報が届いたり・・・

色々な情報はLINE@の方がより掲載されているので、

よかったらどちらも登録してくださいね

ご自分のスマホに学院の電話番号を登録している方で、

LINEに「お友達を自動登録」設定している方はすでに

お知らせが届いているかもしれません。

( 驚かれた方、すいません!!)

ご登録よろしくお願いいたします。

LINE@チラシ.jpg

(広報部よりお知らせ)



posted by 長リハ at 15:07| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月04日

『さぎょうりょうほうしの知架羅(ちから) 2017』講演会

今年も「さぎょうりょうほうしの知架羅(ちから)」と題した講演会を

当学院にて開催いたします。


一般の方もぜひご参加ください。




【日時】

平成29年11月11日(土)9:00〜12:40


【会場】

長崎リハビリテーション学院 (長崎県大村市赤佐古42番地)


【趣旨】 

長崎リハビリテーション学院作業療法学科では『さぎょうりょうほうしの知架羅』と題し、4年前から講演会を開催してきました。毎回、作業療法の本質に迫るテーマを掲げ、作業療法を牽引している先生方そして作業療法を体験した当事者の方にご講演いただき、学生、臨床実習指導者、教員のそれぞれの立場から語り合うことで理解を深めてきました。

 第5回となる今年は、テーマを「障がいの受容〜失うこと、そして新たな創造〜」と題し、毎回ご講演いただいている山根寛先生、「『老い』を生きるということ」「高齢者の喪失体験と再生」などの著者で精神科医の竹中星郎先生、事故により脊髄を損傷し下半身麻痺の障害を負うなかで、自分らしい人生を生き社会で活躍されている岩崎さおりさんにご講演していただきます。

 人は病いや障害を負ったとき、それをどのように理解し受け止めているのか。私たちはその心をどう理解すればよいのか、そして何ができるのか。慢性疾患主流の時代の今、老いや死と共に誰しも他人事ではなくなってきている“病いや障害を負うこと”について改めて考える機会にしたいと思います。


※『さぎょうりょうほうしの知架羅(ちから)』とは、作業療法士としての「知識」、担うべき「架け橋」としての

役割、そのために必要な確かな「羅針盤」、それぞれの頭文字をとり知架羅としています。


【スケジュール】


9:00〜 9:10  開会およびスケジュール説明


9:10〜 9:40  「私の個人的体験〜何を思い、どう歩んできたか〜」

             岩崎 さおり  (脊髄損傷当事者,会社員)


9:50〜10:50  「喪失体験と再生(仮題)」

            竹中 星郎  (精神科医,浜田クリニック)


11:00〜12:00  「病いや障害を生きることと作業療法(仮題)」

             山根 寛  
                                 (「ひとと作業・生活」研究会主宰,京都大学名誉教授)


12:10〜12:40 シンポジウム
                               「喪失から再生へ そこに寄り添う作業療法の視点とは」                 

            【司会】 白岩 圭悟 
                               (「ひとと作業・生活」研究会)


【参加費】

 1,000円(学生無料)    ※一般の方も参加可能です。


【申込み】

氏名・住所を明記の上、事前にメールにてお申し込み下さい。  

ido@nagariha.koyogakuen.ed.jp  ※10月20日(金)締め切り


【問い合せ】

 長崎リハビリテーション学院 作業療法学科  п@0957−53−7883


さぎょうりょうほうしのちから.jpg


駐車場のご利用はこちら


駐車場.jpg



続きを読む
posted by 長リハ at 10:37| Comment(0) | 作業療法学科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月01日

プレゼンテーション(情報工学)

1年生の講義、情報工学では

これまで学んだことの集大成として

31人が一人ずつ「プレゼンテーション」を行いました。

(パワーポイントというソフトを使って)


テーマは自由に考えていいとのことで・・

それぞれの個性がにじみでる発表となりました。


学生さんの発表をご紹介します。


テーマ

「大切にしているおもちゃ」


1.JPG

「自分が楽しめるもの」を

「おもちゃ」と呼んでいる、我が家。

6.JPG

その「おもちゃ」には

モトクロスバイク、スタンドアップパドルなどがあり・・

(とてもアクティブな一面があるのだと発表をとおして知りました)

3.JPG

バイクをきっかけに出会った

くまのぬいぐるみも、大切な「おもちゃ」です。

(実物も見せてくれました)




他にも・・

テーマ

「紙飛行機のつくりかた」

どのように折ったら、世界一飛ぶのか・・?

4.JPG

世界一飛ぶ飛行機には

紙の形・大きさ、場所など条件が必要で・・



5.JPG

そのあとは、折り方の工程の説明がありました。

(とても複雑な工程なのですが

1手順1手順をスライドで示して、とても分かりやすかったです)



初めての発表で緊張したかもしれませんが

堂々としたプレゼンテーションでした!

(写真・文章: 言語療法学科 角下先生)


posted by 長リハ at 09:54| Comment(0) | 作業療法学科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする